ミラノ観光、レストランおすすめ情報!

ミラノ観光されることがあれば、ぜひオススメしたい、レストランやバー(バール)を、ミラノ滞在歴6年を超えるMタローが紹介したいと思います。

ミラノ大聖堂 リナシェンテから

高くて美味しいところはいっぱいありますが、そんなところはなかなか行けないので、今回はリーズナブルでおいしいお店を、セレクトしてみました。

スポンサーリンク

海外旅行、お金と時間を作る!

ミラノ旅行でオススメのバール(カフェバー)

Tre Gazelle トレガゼッレ

Corso Vittorio Emanuele II 2220122 Milan

サンバビラから、ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)に向かう途中にある、バールです。

ぱっと見、観光地の典型的なバールに見えます。

View this post on Instagram

Vanessa Preinさん(@frauprein)がシェアした投稿

ただ、ここの店にはいって右にのショーケースに並ぶ、ブリオッシュが超うまいです。

特にブリオッシュの中に、ナッツ系のクリームが入っているものは病みつきになる美味しさです。

ピスタッチオクリームや、栗のクリームなんかもあります。

あと夏だとジェラートも安くて美味しくておすすめです。

ドゥオーモからこれだけ近いにも関わらず、これだけ美味しくて、安い店はなかなかないです。

よく観光客の方がこのお店のテラス席に座って、パスタなどの食事をされていますが、あくまでもここは、ジェラテリア+パスティチェリアです。

つまりアイスクリームとパイとケーキのお店です。

得意なのはこの二つのことです。

トレガゼッレでは、ぜひ、カウンターで、カプチーノとブリオッシュを食べるか、小さいジェラートのコーンを食べるのがおすすめです。

Cono Piccolo、それでも2玉ジェラートが乗ります。お腹いっぱいになります)

Zucca Bar(Camparino in Galleria)

Piazza del Duomo, 21, 20121 Milano

View this post on Instagram

Marzia De Barbieriさん(@mdbarbieri)がシェアした投稿

ここもドゥオーモからほど近く、ドゥオーモ側ガレリアの入り口左手にある、由緒正しきバールです。

日本でも有名な、「カンパリ」の名付け親である、ダビデ・カンパリ氏が、ここを拠点に、カンパリをミラネーゼの飲み物にし、世界へと浸透させました。

1867年から今日に至るまで、ずっとこのガレリアの同じ場所で、ミラネーゼのために、カンパリを提供し、ズッカカフェで、エスプレッソを提供してきました。

歴史ある、ミラネーゼ御用達のカフェです。

開業当時からの内装デザインはそのまま使われています。

古き良きミラノの空気を感じながら、カンパリカフェをぜひ楽しんでください。

スポンサーリンク

ミラノ観光でオススメの軽食

Luini(ルイーニ)

Via Santa Radegonda,16, 20121 Milano

View this post on Instagram

Luini Panzerottiさん(@luini_panzerotti)がシェアした投稿

ドゥオーモの北側にある、Rinaschente デパートの左手の道からVia Santa Radegondaを進んでいくと、LuiniPanzerotti(パンツェロッティ)屋さんがあります。

ここの売り物は、Panzerottiという、ピザを餃子のように半分に折ったものを、さらに揚げた食べ物です。

基本は、厚めのピザ生地に、トマトソースとモッツァレラチーズを包み、揚げたものなのですが、これが病みつきになります。

大きさも程よく、匂いもたまりません

中身はハムやほうれん草など、数種類から選べます

揚げドーナツ感覚です。

ここは常に行列ができています。

記事を書いているだけで、あの病みつきになる匂いを思い出してしまうくらいです。

Panino Giusto (パニーノジウスト)

 Via Agnello, 6, 20121 Milan

View this post on Instagram

Panino Giustoさん(@panino_giusto)がシェアした投稿

「ちょうどいいパニーニ」という 名前のお店で、1979年にミラノで誕生しました。

今では、世界展開していて、日本にもあります。

パンや素材にこだわった、パニーニで、ここのパニーニを食べると、他のパニーニが物足りなく感じます

基本はパンに具材を挟んで挟んで焼いたものなのですが、これほど味に差が出るのかというくらいここのパニーニは格別です。

食べていて幸せを感じるパニーニです。

一つ苦手なのが、ここのパニーニのメニューが多すぎて、どれにするかいつも迷います

迷った時は、お店の名前がついているPanino Giustoを注文します。

本当にどのパニーニも美味しいです。

あと、ここのデザートのティラミスもぜひ食べてみてください

とろけるような食感に、初めて食べた時感動しました。

La Prosciutteria (ラ・プロシューテリア)

Corso Giuseppe Garibaldi 55, 20121 Milan

View this post on Instagram

La Prosciutteria, Milano.さん(@laprosciutteriamilano)がシェアした投稿


お店の名前が、「ハム屋さん」です。

ハムにはコット(火が通っているもの)と、クルード(生)があるのですが、Mタローはコット派です。

あと、イタリアでは、ハム屋さんとチーズ屋さんは燻製つながりで両方売っていることがほとんどです。

このお店では、イタリアの本場のハムとチーズが安く食べられます

ランチ、ディナー共同じ値段で、2人前のハムとチーズプレートが、20€で、山盛りでてきます。

それに加えて、ハウスワインがグラスで2.5€なので、非常にリーズナブルです。

本場のハムとチーズをぜひ楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

ミラノ観光でオススメのランチとディナー

Fratelli La Bufala(フラテッリ・ラ・ブッファラ

Galleria S. Carlo, 8, 20122 Milano

View this post on Instagram

Fratellilabufalamilanoさん(@fratellilabufalamilano)がシェアした投稿


ナポリの南、サレルノ出身の兄弟による、ピッツェリアです。

店の名前、「フラテッリ」はイタリア語で、「兄弟」です。

ここはヨーロッパとアメリカでチェーン展開しているピッツェリアで、ここの店の売りは、何と言ってもナポリピザです。

その上に乗る、店の名前にもなっている、

「モッツァレラディブッファラ」

(バッファローのモッツアレラチーズです)

が載っているマルゲリータピザは最高です。

ここのチーズは、わざわざ「兄弟」の地元の、サレルノはカンパーニャから取り寄せた、最高のモッツァレラディブッファラです。

昼も夜も値段が変わらず、ピザとビール、シェアのパスタなど頼んでも、一人20-25ユーロくらいで収まるので、安心できます。

ドゥオーモからも近く、便利の良いところにあるので、ぜひ足を運んでみてください。

Maio Restaurants Rinascente Department store (マイオ レストラン)

Terrace Foodhall

Via San Raffaele, 2, 20122 Milano

ドゥオーモの隣にある、リナシェンテデパートの8階にある、テラス席のレストランです。

View this post on Instagram

Maio Restaurantさん(@maiorestaurant_milano)がシェアした投稿

座ると横に、ドゥオーモの先っちょの彫刻が見えます。

ドゥオーモ見学の特等席とも言えます。

ここでの夕食は一皿1015ユーロしますので、だいたい4050ユーロが一人当たりの予算です。

高いのですが、ミラノにこられたのならば、一度はこの特等席で、ドゥオーモを眺めながらワインやオリーブを楽しんで欲しいです。

特別な1日に、ここのレストランがおすすめです。

ここは、ドゥオーモに近いながらも、観光客よりもミラネーゼが多い地元っ子に愛されたレストランです。

ミラノで一度は訪れて欲しい、レストランやバールを紹介しました。

ぜひミラノの食事を楽しんでみてくださいね!

ミラノ観光の注意点はこちらをご覧ください。

ミラノでショッピングならこちらもご参考にしてみてください。

ベネチアでの食事ならこちらがおすすめです。

海外旅行、お金と時間を作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする