イタリア旅行の服装、夏に必要なもの

イタリア旅行でおすすめしたい、夏のイタリアに持っていくべき衣料に関して、まとめてみました。

サルディーニヤの海

夏のイタリア旅行で最小限必要なものは、

  • 下着と靴下
  • パジャマまたは、Tシャツとハーフパンツなど
  • ジーンズ

この辺りはイタリア旅行で夏には必要となります。

細かく見ていきましょう。

スポンサーリンク

海外旅行、お金と時間を作る!

イタリア旅行、夏に必要な服装、下着と靴下の賢い持って行き方。

Tシャツも含め、下着は基本3枚持っていき、ローテーションさせるのがおすすめです。

日本と反対で、夏は乾燥してくる地中海性気候のイタリアでは、洗濯物がよく乾きます。

手軽なのは、ホテルの浴室や洗面台で、下着を洗い、使いまわします。

ただ、1週間以内のイタリア旅行の場合は、使い回すよりも日数分を持って行くほうが煩わしくはないかもしれません。

1週間分を超えるとちょっとかさばるので、洗って使い回すほうが、持って行く荷物が少なくなるメリットが大きいです。

スーツケースのスペースは、お土産にとっておきたいですものね。

下着などを洗濯する時に気をつけたいことが、ホテルの部屋には、意外と干す場所がありません。

ハンガーや取手などに乾かすことになります。

こんな時に、便利なものが、洗濯紐やタコ足ハンガーです。

タコ足は使い勝手が良いですが、持っていくのにかさばります。

洗濯紐の場合、少なくとも3-4mのものを用意していきましょう。

浴室にバスタブがある場合は、洗濯紐が引き出せるようになっているホテルもあります。

ただ、部屋がエアコンで過乾燥気味なことが多いので、部屋に干した方が、洗濯物も早く乾き、空気の乾燥も和らぎます。

友人などは、過乾燥が苦手なので、洗濯ものがなくても、あえてホテルのタオルを水につけて絞り、部屋に干しておくくらいです。

Tシャツや、下着や靴下といったものは、現地調達も十分可能です。

イタリアで下着も新調したい!

という方はこちらも合わせてご覧ください。

→イタリア旅行、ファッション現地調達のススメ。

やっぱり現地で洗濯したい人は、こちらに記事を書いています。

スポンサーリンク

イタリア旅行、夏にパジャマは必要?

イタリアのホテルには、3つ星以上のホテルになってくると、大抵バスローブが用意されています。

バスローブで寝ることも可能ですが、結構ごわごわしてしまうことと、寝ている間に、はだけてくることなどの欠点があります。

旅館の浴衣のような感じですね。

よく眠るためには、使い慣れたパジャマを持って行くことをおすすめします。

イタリアのデパートなどで、自分用のお土産に買うという手もあります。

あと、Mタローがよくやるのが、現地のファストファッションの店で、コットンのTシャツと、ハーフパンツなどを購入して、パジャマがわりにします。

パジャマにもなるし、夏の間であれば、そのまま外を出歩いても違和感がありません。

なんなら、日本にいるときも、パジャマがわりにTシャツとハーフパンツです。

→イタリア旅行、ファッション現地調達のススメ。

気をつけたいのは、旅行初日、現地に着いてから、服を全て購入しに出かけるというのはあまりお勧めしません。

日本からの移動と時差で、ホテルに着いたら、ゆっくりシャワーを浴びて、仮眠をしたり、時間によっては、本気寝をしたりすることが多いです。

下着やパジャマは少なくとも、1日目分は日本から用意していきましょう。

さらにアドバイスですが、ちょっと荷物にはなりますが、パジャマ1セットと下着2組くらいは、機内持ち込みをお勧めします。

2つの理由があって、一つはイタリアの空港では、よくロストバゲージ(荷物の紛失)があります。

よくて翌日、下手すると2-3日後まで滞在先のホテルにスーツケースが配送されないことがあります。

もう一つの理由は、イタリアへ行く際に、トランジット(乗り継ぎ)があることが多いと思います。(Mタローはトランジット便をお勧めしています)

そのトランジットする空港によっては、シャワーができる設備が、整っている空港があります。

Mタローは必ず利用して、リフレッシュし、長い時間の飛行機移動からくる疲れを残さないようにしています。

こういった場合に下着の換えがあると便利です。

Mタローがトランジット便を、お勧めする理由はこちらに書いています↓

イタリア旅行、個人旅行で行く場合の楽しみ方

また、ロストバゲッジの場合、心細くなりますが、イタリアで自分のパジャマだけでもあると、心が落ち着きます。

スポンサーリンク

イタリア旅行、夏に必要な衣類、ジーンズは?

イタリア旅行に行く際に、どの季節でも必須に近いのがジーンズです。

飛行機移動中を始め、町歩きや、遺跡を観光する際、さらに意外かもしれませんが、教会の見学をする際などに便利です。

ヴェローナの街並み

イタリアの街は、石畳です。

歩くのに足に負担がかかるので、少しでも歩きやすく、転倒時などにも強い、ジーンズが万能です。

教会の見学の際というのは、教会の鐘楼や、屋上に上ることができるものが多いのですが、基本は階段での上り下りになります。

こういった教会は、それこそ18世紀以前に作られたものが多く、階段も、勾配がきつく、石でできた段も角が丸まって、滑りやすいのです。

登山するわけではないから大丈夫と思わず、歩きやすい服装を心がけましょう。

イタリア女性も、ジーンズを普段の生活で愛用している人を結構見かけます。

イタリア女性は、スカートやドレスのイメージがありますが、パーティやアペルティーボ(ハッピーアワー)などナイトライフで着飾ることが多いです。

ただ、例外的に主に男性向けですが、夏のイタリアでは、ハーフパンツで乗り切ることもできないことはないのですが、ナイトライフ教会などに、ジーンズが一本あると便利です。

イタリア旅行、快適な服装で、快適に過ごしたいですね。

こちらの記事もよかったら見てみてください↓↓↓

→イタリア旅行、必需品 2019年版!

→イタリア旅行持ち物、8月に持っていきたいもの 2019年版

海外旅行、お金と時間を作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする