ベネチアカーニバル、仮面の種類ってどれくらいあるの?

ベネチアのカーニバルの仮面は、

伝統的なものが一通りありますが、

それ以外にも、

新しく創作されたりしているものも

多くあります。

特に毎年行われる

「ベストマスクコンテスト」に向けて、

世界中から新しい仮面のアイデアが出てきます。

ここでは、

伝統的なものを中心に見ていきたいと思います。

ヴェネツィア マスク

スポンサーリンク

海外旅行、お金と時間を作る!

ベネチアカーニバル、仮面種類一覧 メインマスク

ベネチアーノ達は、

ベネチア共和国時代には、

職業によって、違う形の仮面をつけることを

習慣としていました。

Bauta(バウタ)

もともとシンプルで真っ白なマスクですが、

突出した顎のラインと目立たない鼻を特徴とし、

下顎がないものを特徴として持っています。

マスクを外すことなく、食事をとったり、

話したりすることが可能で、

いちいちマスクを取る必要がないため、

秘匿性が確保されやすかったそうです。

同業者同士で政治的な問題を解決するときに、

投票などでわだかまりが残らないように、

顔隠し出したのが始まりのようです。

Volto/Larva(顔/亡霊)

ベネチアを代表するマスクです。

これは他のマスクが紙製であるのと違い、

磁器や厚手のプラスチックなどで作られます。

このマスクは他のマスクと違い、

完全に顔を覆う形のマスクになります。

食べたり飲んだり、

話したりすることもできません。

スポンサーリンク

ベネチアカーニバル、仮面種類一覧 召使のマスク

Colombina(コロンビーナ)

これはハーフマスクと呼ばれるもので、

目と鼻と頬の上半分のみのマスクです。

よく金、銀、水晶や羽毛などで

美しく飾られることが多いです。

北イタリア伝統の即興演劇

(コンメディア・デッラルテ)の中の

中心キャラクターの一人

「女召使いのコロンビーナ」

をモチーフにしたマスクです。

このキャラクターは、

とても魅力のある女性が演じる役柄のため、

顔を隠してしまうのが惜しいということで、

ハーフマスクになったそうです。

最近では男性もつけることがあり、

バウタ同様、人気のあるマスクになっています。

Servetta muta/ moretta(声を出さない女召使い)

このマスクは、黒のベルベットで

まん丸のマスクで、口も鼻もなく、

目の部分だけくり抜かれているものでした。

これを着用するものは、

口でマスクの突起を噛み、固定していたので、

物理的に話すことができないマスクでした。

1760年ごろには、廃れてしまったマスクです。

Zanni(ザンニ)

初期の即興演劇に登場する、召使いキャラ。

年寄りで、長い鼻を持つ。

このキャラがのちに派生して、

ハーレクインになったり、

ピエロになったりしていったそうです。

スポンサーリンク

ベネチアカーニバル、仮面種類一覧 その他のマスク

Medico della Peste(ペスト医)

このマスクは、

もともとカーニバルで使われるものではなく、

ヨーロッパでペストが大流行した時に、

医者がペストに感染しないように

取り付けた、いわば、防菌マスクでした。

引用:https://artistadellabarbaria.jimdo.com/foto/

当時の医者は、

ペストの感染源は悪臭にあると考え、

その悪臭を吸わなくても良いように、

長いくちばしの中に、

ハーブや甘い香りのものを入れ、

悪臭を防ぎ、丸く開いた目の部分は、

ガラスをはめ込み、

悪臭が入ってこないようにしていたそうです。

ペスト医は、このマスクに、

白い手袋、黒い帽子と黒い服、

杖(患者を触らずに動かす用に)

を持つのが正装だったようです。

このマスクがカーニバルで人気が出たしたのは、

近年のことで、おそらくは、

死にまつわるイメージ(メメント・モリ)

からおどろおどろしさが醸し出されることが

好んでこのマスクをつける人が増えた原因

ではないかと言われています。

確かにちょっと怖いですよね。

名前も見てくれも。

Pantalone(パンタローネ)

カラスのくちばしのような大きな鼻と、

悲しみを表現した、眉と目を持つマスクです。

これもコロンビーナと同様に、

即興演劇の中心キャラクターの

一人をモチーフにしています。

コロンビーナと同じように、

ハーフマスクになっています。

即興演劇のキャラとしては、金持ちで欲深、

色欲旺盛な老人として描かれています。

Arlecchino(ハーレクイン)

これも即興演劇のキャラの一人で、

ペテン師だが憎めないキャラとして出てきます。

このマスクの特徴は、猿のような鼻、

半円を描いた眉毛、丸まった髭が顔の特徴で、

さらにおでこの上の片側にコブがあります。

これは悪魔のツノを象徴しています。

マスクは黒色がベースが多いです。

ベネチアカーニバル仮面、まとめ

伝統的なマスクだけでもこれだけあります。

現代的なものの中には、

Guerriero Giapponese(日本の侍)

があったり、結構自由です。

引用:https://artistadellabarbaria.jimdo.com/foto/

ちなみにこの侍、

ちょっと仮面ライダーっぽいけど、

カッコ良さは半端ないです。

ベネチアーノのデザインセンスに脱帽です。

海外旅行、お金と時間を作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする